So-net無料ブログ作成

梅雨期のカビ [生活情報]

スポンサーリンク




梅雨時は本当にジメジメしています。

雨が降り続き、湿気もフル状態。
暮らしによって出る水蒸気に重なり、「生えない方がおかしい カビ」


自然だとはいえ、手をこまねいていれば、増える一方のカビ

044388


アレルギー症を起こしたり、部屋の内装を傷めたり
なるべくなら生やしたくない。

具体的にどうすれば良いのか?!

1.「見える」カビは即刻除去する

  カビを拭き取る際に水拭き、洗剤拭きは厳禁!
  消毒用エタノールで殺カビ効果あり
  (塗装が剥がれたり、プラスチックは変質や変色のおそれあり)
    火気厳禁
  壁や家具のカビは、消毒用エタノールをボロ布などに湿らせ、
  使った布は洗わずに密封して処分する。

  次亜塩素酸ナトリウム主成分の市販のカビ取りでも可。

  単に水拭きはカビにエサを与えているようなもの


2.「湿度 65%」以下

  カビ発生リスクを下げるには相対湿度 65%以下に抑える。
  
  家の中にこもった空気を早く入れ替えるには、自然換気が簡単。
  また、除湿機の運転、気温が高いときにはエアコンが効果的。

  環境によって、何時間の稼働でどの程度湿気が下がるのかを
  把握しておくといい。


3.物を移動させる

  空気の通りをよくするために、部屋にあるものの場所を移動
  動かさずに、じっとさせておくとそこにカビが発生する。

  全く干していないベッドマット、敷きっぱなしのカーペット
  下駄箱に入れっぱなしの冠婚葬祭用の革靴

  湿気を逃がすことでカビの発生を防ぐ。

115381









スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました