So-net無料ブログ作成
検索選択

 老廃物を取り除いてくれる  あの「野菜」 [生活情報]

体の中を徹底的にお掃除!    あの野菜・・・


デトックスブームですね。

老廃物の排出には「小腸の掃除」が一番。
体内の有害物質は脂溶性のため、脂肪に溜まりやすいといわれています。


そんな有害物質や老廃物は、どこから一番排出されるのか?
 
汗による排出・・・ 3%
尿による排出・・・20%
便による排出・・・75%



腸を綺麗にすることが一番


腸を綺麗にしてくれる野菜    「キャベツ」 「ほうれん草

   e5fd95864040adf3c05981a77fb2e021_s.jpg
                     
キャベツ」は、ヨーロッパでは「貧乏人の医者」と呼ばれるくらい
        栄養豊富な食べ物。

        ビタミンミネラル、カロチン、アミノ酸を含み
        ビタミンU(キャベジン)は壊れた細胞を修復し、
        タンパク質を生成する働きがあり、そのために、
        十二指腸潰瘍や胃潰瘍に効果がある野菜


        さらに肝臓の解毒を促すカリウムを含む
        食物繊維は80%が不溶性食物繊維なので
        腸の消化を活発、解毒された老廃物を排出

  


ほうれん草」は、ビタミン、鉄分、葉酸が多く含まれている。
        体内に溜まった塩分を輩出するカリウムや
        活性酸素を抑制するβーカロチンも豊富
        
        そもそもデトックス効果の高い野菜絨

        小腸を綺麗にしてくれる「クロロフィル(葉緑素)
        を多く含んでいる。

        クロロフィルは食物繊維の 5,000分の1
        食物繊維では掃除できない、         小腸の絨毛の間まで         掃除してくれるので、
        便秘解消とともに老廃物の
        排出効果も高い。


       栄養素の90%以上が小腸から吸収されるため
       小腸の絨毛の間の有害物質や老廃物を取り除かないと
       どんなに栄養素を取り込んでも小腸で吸収できない。


「キャベツ」 「ほうれん草」は毎日意識的に取り入れてもいい。









夏バテ対策と回復に効果が期待できる 「3つ」の食品 [生活情報]

朝夕はちょっと肌寒いなど、4月の日中の気温差が目立ち始めました。


この気温差が体調変化、体調を崩すきっかけになります。


5月に入り急に日中の温度が高くなり、運動会で熱中症で搬送される小学生も出ました。


今年の夏も猛暑になる可能性なので、夏バテを気にしている方も多いと思います。


夏バテ回復によいと考えられている食べ物を「3つ」

(1)スイカ                            
  
     a56a1ca40e81ff8bb3e8272adbb048a6_s.jpg  
   
  暑さからくる体の熱をおさめ、利尿作用によりむくみや解毒に効果あり
   近年、体内の毒素を排出し、抗酸化作用などの働きがある成分が含まれる
   ことも研究で解って来た。

   シトルリン、リコピンも含まれている

   但し、腎臓肝臓に疾病がある方、糖尿病の方は医師の指示を受けて下さい。


(2)甘酒

9a83a46facbabdfa369f1b944d17d7b0_s.jpg

   甘酒は総合栄養補助食品として、夏バテの時期に飲まれていた。

   甘酒にはブドウ糖が20%以上含まれ、天然の必須アミノ酸が多く含まれている。
   
   米麹のみでつくられた甘酒にはアルコールは含まれない。


(3)アサリ
3db224f1b08af20bca155d56c4177931_s.jpg
    

   アサリには、タンパク質・ビタミンB群、鉄分や亜鉛、マグネシウムなどのミネラル栄養素豊富。タンパク質を構成するアミノ酸は、グルタミン酸などを含み、肝臓に良いエネルギー源となるアラニン、アスパラギン酸なども含む。






子どもの安全 トイレ編 [生活情報]

夏休みもいよいよ終わりですね。
寒い地域の子供たちは、
もう2学期が始まっているところもあるようですね。


幼稚園小学生を持つ親御さんは、
学校が始まれば「ほっ」とされるのでしょう。


油断は禁物で、
子どもを狙った犯罪は、夏場よりこれから秋口に多くなります。

特に、商業施設や駅、サービスエリアなどに設置されている
スーパーマーケットの「誰でもトイレ


「公共トイレ」 =  「犯罪の温床」


個室に女児を連れ込んで性的行為を行おうとする犯罪者には、
絶好の場所だそうです。

子供たちが遊びに出入りする公園のトイレも怖い。

入りやすく見えにくいトイレ

 ・入口が男女で同一
 ・トイレ内から周囲に家の窓が見えない
 ・壁が邪魔をして入口が見えない
 ・ゴミや落書きが多い


犯罪に巻き込まれないために、

 ・大人が常に付き添う
 ・ひとりでトイレに行かせない






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。